So-net無料ブログ作成
検索選択

辺野古にて 1月31日(土) No.1 [沖縄、基地反対]

辺野古にて 1月31日(土) No.1

 昨日那覇で集会があったためか、朝7時スタッフの人たちがまだ来られていません。命を守る会には一匹の犬がいます。テント村で一緒に監視行動もしています。この座り込み犬・ポチは、確かすでに40日ほど座り込んできたはずです。
 時間があったので、ポチの散歩に出かけました。連れまわす必要はなく、自分でどんどん先へ先へと進みます。こちらは引っ張られるだけです。

DSCN0340 座り込み犬・ポチ.JPG
<座り込み犬・ポチ>

 散歩コースはいつも決まっているのでしょう。まずキャンプ・シュワブ境界の浜へ行き、そこから海と反対側の山道を登ります。頻繁ににおい付けをしながら進みます。上りきった丘には家々が並んでいました。この家並みは、米兵士目当てのバーや売店でできあがっています。ベトナム戦争当時はたいそう栄えたときききました。テキサスとかハワイという名の看板が見えます。道沿いに辺野古コミュニティセンターがありました。その入り口右には軍用地主会の看板もあります。そこから坂を下って浜のほうへと進み、散歩は終わりです。

 午前8時から辺野古沖で、基地建設のための環境調査を行っている業者が10隻あまり小船を出して、設置されたパシブ・ソナーやビデオテープを引き上げています。電池を交換するために引き上げる作業です。よく知りませんが、その場で電池を交換するのではなく、いったん陸に引き上げ回収して電池や記録媒体を交換して、後日設置するそうです。その数日間は観測の空白となります。
 回収作業の監視行動のために船を出すことはできませんでした。午前10時には作業が終了したらしく、大浦湾の汀間漁港へと業者の船は引きあげていきました。(文責:玉)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0