So-net無料ブログ作成
検索選択

TPPに反対する理由の一つ [現代日本の世相]

TPPに反対する理由の一つ

中国に対抗したブロック経済を目指すTPP

 TPPを、「平成の開国」などと大げさに宣伝しているものの、実態は大きく異なる。TPPには中国が入っておらず、実質的には日本と米国のEPAという性格が大部分を占めており、中国に対抗する日米+環太平洋ブロック経済の形成を意図したものだからである。

 そのようなところから考えるなら、TPPは、米国がその力の後退を意識しているなかで勃興する新興国・特に中国に対抗してブロック政策、ブロック経済圏を形成を意図したところから生まれており、きわめて危険なものであると言える。

 日本政府はそのような米国の意図、ブロック経済への加入という性格を知っておりながら意図的に隠し、かつ
無視し、そして米国政府の意向に従順に従っている。その卑小な態度を、時代がかった「平成の開国」などと宣伝し、煙幕を張って、しかも重要なことは国会での全国民的な議論をすることもなく、加入へと突き進もうとしているのである。
 
 日本の将来は、成長する中国、東アジアとの良好な関係のなかにこそ描くことができる。中国を排除したTPPへの一方的な加入は、米国の対中国政策に利用されているだけであって、政治的経済的には対抗し対立するブロック経済を準備する危険性を持ち、歴史的にみるならば、第一次世界大戦から第二次大戦の間の時代のように、新たな対立、さらには戦争の原因をつくる可能性・危険性さえはらんでいる。(文責:林 信治)
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0