So-net無料ブログ作成
検索選択

桂春蝶はん、「『慰安婦』問題なんてなかった」 なんて言うたら いかんわ! [元「慰安婦」問題]

桂春蝶はん、「『慰安婦』問題なんてなかった」 なんて言うたらいかんわ!

121128 2012年11月28日 桂春潮 独演会.jpg
<三代目 桂春蝶>

 桂春蝶はんとは、「痩せの、ぎょろ目で、口から唾飛ばしながら喋る」あの春蝶かと思うてたら、ちごうてました。「ぎょろ目」の春蝶は2代目で、すでに亡くなってるらしい。道理で最近TVで見かけんと思うてました。

 息子が今の春蝶で、三代目だそうです。知りませんでした。
 二代目の顔を思い浮かべて、嘆いておりました。 二代目はん、えろうすんませんでした。遅ればせながら、ご冥福を祈ります。

 実際にラジオ関西で喋ったのは、三代目です。

――――
春蝶 2代目.jpg
<二代目 桂春蝶>

 1)桂春蝶、「『慰安婦』問題なんてなかった」と放言

 8月21日に放送されたラジオ関西「桂春蝶のバタフライエフェクト」で、「慰安婦」問題について、桂春蝶が次のように喋ったという。

 「従軍『慰安婦』問題の強制連行は事実としてなかったということは、もう証明されていることです。そのことを日本人以外は知らないでしょう。従軍『慰安婦』問題はあったと思い込んでいるでしょう。でも、強制連行はなかったのです。」さらに、当時の金大中大統領と小渕総理が今後の日韓関係は未来志向でいこうと同意し、で、悪いけれど1回だけ謝ってくれないかとの金大中氏の求めで、総理は書面で申し訳なかったと言い政治的に解決したはずです。「ところが蒸し返してくるあの国に対し、言葉は悪いですけれどゆすりたかりを常套手段とするやくざ国家だと思います。」

 春蝶が喋ったことを聞いて、まあ驚いた。何も知らないんだねぇ、ひどいもんだなぁ。

 「『慰安婦』問題解決オール連帯ネットワーク」が11月29日に、ラジオ関西と桂春蝶あてに抗議文を提出し、訂正放送と謝罪を要求した。賛成だ。私たちも発言の撤回と謝罪を要求するのがいいと思う。

120402 ラジオ関西「桂春蝶とバタフライエフェクト」.jpg

 2)嘆かずにはいられない!

 桂春蝶は、「慰安婦」問題について何にも知らないようだ、事実に即して調べようとする姿勢もない。間違った認識を影響力の大きいラジオで一方的に流したばかりか、解決を求める韓国政府を「ゆすりたかり」の「やくざ国家」などとまで言って中傷してしまった。
 なんてことだ! 嘆かずにいられない。しかし、嘆きたいわけじゃない。

 3)「慰安婦」制度は、当時の国内法・国際法に照らしても犯罪

 「『慰安婦』の強制連行はなかったと証明されている」、そんなことは春蝶や「一部の日本人」以外に言っちゃいない。
 そもそも「募集時に強制があったかどうか」ではないんだ。「慰安婦」制度自体が犯罪なんだ。ここんところ、わかってほしいよね。
 
 「慰安所からは逃げることはできなかった」。それだけで、監禁罪です。「いい仕事がある」と騙して慰安所に移送した場合、誘拐罪。未成年ならたとえ本人が了承しても人身売買罪です。慰安所では性行為を強要され、従わなければ暴行された。暴行罪、傷害罪。なかにはひどいのがあって性病にかかった後、捨てられ殺された例もある。特に敗戦時に、遺棄や殺人が多かった。殺人罪だね。

 「募集の時に強制がなかったから、責任はない」。誰が、そんな屁理窟を言うのだろうかねぇ。誰が、そんな「屁理屈」に簡単に騙されるのだろう! 

 4)日本政府も「河野談話」で認めた

 日本政府は1993年に「河野談話」で、日本軍の直接・間接関与の事実と強制性を認め、「お詫び」を表明した。歴代内閣は(安倍内閣も)これを踏襲した。これが日本政府の公式の立場だ。 韓国の憲法裁判所の決定や、国際社会からの「慰安婦」問題解決への強い勧告・決議もあがった。

 春蝶はこんなことなど何も知らない。最近の人は何でもネットで調べるから、そしてネットには「慰安婦」非難の資料ばかり溢れているから、春蝶のような人が多いんだろうなぁ。

 5)ウソと知ったうえで広める奴がいる

 1993年、「慰安婦」強制徴用に軍が関与した資料は見つからないとしたものの「河野談話」は軍の関与を認め「お詫び」したんだ。
 ところが経過の一部だけを切り取って今年8月、野田首相は国会で「強制連行を示す“文書”は確認できなかった」と発言してしまった。意味が逆転しているだろう! 野田首相は自分の発言がどんな政治的意味を持つか、わかっちゃいない。

 くり返すけど「募集時に強制があったかどうか」ではないんだ。だから「文書」があってもなくても「慰安婦」制度は日本軍の組織的犯罪です。当時の国内法・国際法からそのように言えます。アメリカのブッシュでさえも「慰安婦」制度は日本軍による犯罪と発言したんだ。9月に竹島問題が起きた時にも米政府は、「慰安婦」問題での日本政府の主張は支持しないと表明し、くぎを刺した。日本政府だけなんだよねぇ。むしろ知らないのは日本人だけなんだ。

 政治家、メディアは「強制徴用の文書がないから、責任はない」と言い立てているけれど、彼らは法律に照らして犯罪であるとよく知ったうえで、捻じ曲げて世論を巻き起こし、歴史を書き変えようとしているんだ。だから、政治家も、メディアも、そして春蝶も同じ理窟を繰り返す。

 騙す奴が一番悪い。外務省がその大元だね。政治家・メディアにリークして喋らせている。それから、犬のしっぽのような人々があって、「デタラメ」をくり返す。しかし彼らは言う。俺たちは独立に振っているのだ、と。
 騙されて、尻馬に乗って繰り返す者にもまた責任はある。
 春蝶さん、あんたどっちや!

 6)軍による強制連行の“文書資料”は存在する。

 官僚は、「薬害エイズの時に厚生省が関与した資料はない」と何度も言っていたが、よく捜させたら出てきた。だから官僚が捜して見つからなかったことは何の根拠にもならない。そもそも見つけるつもりがない者が捜しても見つかりはしない。薬害エイズの時に「見つからなかった」と当初報告した担当官僚は責任を問われたかい?罰せられたかい? 
 それから日本軍、政府が、敗戦時にあらゆる文書を徹底して焼却廃棄した事情もある。その責任はどうなるのだろうか。
 「証拠がなければ罪じゃあない、責任の逃れることができる」という考えが、底に流れている。こういう考え自体が間違いだねえ、信頼を失うんだ。

 さて、「河野談話」で軍が直接関与した文書が見つからないという経過が発表されたため、その後捜した学者や研究者がいる。
 軍による強制連行の“文書資料”も“事実”も存在する。インドネシア・スマラン事件などいくつか指摘されている。

 7)ラジオ関西と桂春蝶に抗議する!訂正放送と謝罪を要求する!

 春蝶って、よっぽど何も知らない。「金大中大統領・小渕総理間のやり取りによって解決した」という。驚いた!初耳だ! そんな事実はどこにもない。それでもって、韓国を「ゆすりたかり」の「やくざ国家」と誹謗するのだから、あきれてものも言えない。
 どこからか仕入れてきた知識を繰り返しているんだろうけれど、ひどいねぇ。自分できちんと確かめなくちゃいけない。
 仮に国家元首であっても被害者の了解なしに個人賠償請求権の放棄などできはしないことを知らなくちゃあいけない。
 それから韓国政府は国家間賠償を請求しているわけじゃあない、自国国民である被害者の個人賠償権を認めるように日本政府に協議を申し入れている。
 春蝶さん、人格が疑われるよ。ラジオ関西だって、メディアとしての社会的責任が厳しく問われるんだ。
 でも、春蝶と同じように尻馬に乗って「デタラメ」を受け入れて、繰り返している人は少なくないだろうなあ。
 この際、徹底的に何が間違っているのか、現代日本人に、かつて日本軍がどのような犯罪を起こしたのかをはっきりさせなきゃいけない。そのためにも、ラジオ関西と桂春蝶に抗議を申し入れ訂正放送と謝罪を要求するのがいいし、またそうしなくちゃあいけない。 (文責:林 信治)
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 4

ednakano

お前らこそ言論の弾圧やめろ。

意見が違うから言論を封殺しようという考え方は、民主主義国家では許されない。
河野談話なんか持ち出しても、もう直ぐ見直されちゃう単なる談話に何の拘束力もない。
by ednakano (2012-12-14 13:34) 

masa

ゆすり、たかり、かつあげ、ヤクザ国家。

韓国、中国、北朝鮮は、正にその通りだ。

韓国も言論の自由の無い国家です。
by masa (2013-08-21 22:24) 

はーもにー

こういう真実を もっと多くの人に伝えてほしいです。
80代後半の身内に直接聞いて、本当にあったことをよく知っています。
そんなことを本当は語りたくないけど
伝えないと 子孫が間違った方向に進んではいけないと
絞り出すように話してくれます。
だから
今、与党とマスメディアがよってたかって
言葉のすりかえ、問題点のすりかえという技で
過ちについてなかったことにしていこうとしていることがよく見えてきます。

by はーもにー (2015-03-17 10:32) 

お名前(必須)

朝日新聞に騙されましたなぁwww
by お名前(必須) (2017-03-31 14:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0