So-net無料ブログ作成
検索選択

辺野古報告 2月26日 [沖縄、基地反対]

 平田さんから辺野古報告が送られてきた。

*******************
辺野古報告

 第3日目 平田一郎

  2月26日金曜 歌で座り込み集会 開始。いま150人。今日で600日目の座り込みだ。
 今日は風も弱く、薄曇りです。辺野古崎まで漕いで到着。監視行動。
 太平洋軍司令官ハリスが「工事は遅れて、2025年完成、抗議運動は拡大している」と議会に報告。後日、菅官房長官が否定に躍起になった。

160226_0623-01.jpg
<辺野古ゲート前 座り込み 600日>

 まだ暗いうちにコンビニで会った糸数慶子さんが一番で挨拶、ジュネーブ女性差別撤廃委員会報告、遺骨収集法制定。ガマフヤーの具志堅さん辺野古収容所あとの集骨を訴えていると紹介。

 どういう風の吹き回しか、機動隊も工事車両も来なかった。
 防衛局は工事をさぼっている?

160226_0645-01.jpg

 10時半にテント2へ。カヌーは今日は7艇で出航。辺野古崎まで漕いで40分、工事監視と抗議行動。
 作業船もなく、沿岸の 工事の動きもなく、ただ、ボーリングの作業が見られた。

 風も出てきて、長島の浜に上陸、サンゴのかけらが敷き詰められた浜は美しい。全部サンゴ。

 長島の浜で昼食後、灯台まで登って周囲を見渡すと工事区域がすべて見渡せる。
 海域をぐるっと囲むオレンジのフロートとオイルフェンスが許せない。日本政府が米軍に差し出した海と陸が腹立たしい。

 所々、オイルフェンス(黄色の横長の列)がビニールカバーが破れ、発泡スチロールが列をなしてむき出しになっている。
 前回着たときには、列をくるんだ結びの帯が10m以上はがれて海底に沈んでいるのを回収した。


160226_0645-02.jpg

 辺野古崎には、2万5千人が45年6月以降、強制収用され、マラリアと飢えに苦しみ、数千人の墓地があり、い まだに遺骨が眠っていると
 地元の大城市議がゲート前でいつも繰り返し説明している。

 少し陽が差してきれいなサンゴ礁を2時半ごろ後にした。
 ゲート前に急ぐと、機動隊の動きがまったくなかったので3時に座り込み集会を終了したとのこと。
 明るいうちに、宿に帰った。

 160226_0654-01.jpg
<ゲート前であいさつする糸数慶子参議院議員>



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0